FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

プロローグ

唐突だが前世とか輪廻転生とか、そういう類の話を信じるか?

俺は信じているよ。なぜなら、---俺自身が前世の記憶を持っているからな。




武器に幼いころから魅入られていた俺は、高校卒業と同時に渡米、たまたま伝のあったナイフメーカーに就職、8年くらい勤めてから独立しそこそこ有名なカスタムナイフメーカーになれた。
ただ、巡り会わせが悪かったのだろう。
たまたま入ったコンビニで強盗が店員脅してて、取り押さえようとして返り討ちにあってしまった。

胸に2発の銃弾を受けて、心臓が止まって、痛みと悪寒と何よりも息苦しさで何も考えられないまま、意識がゆっくりと消えていった。


ーーー消ええたはずだったんだが、目を覚ますと、なぜか液体の詰まった水槽の中にいた。
なぜか、深酒したような酩酊感のある頭で状況を整理しようとするが、なぜか液体中にもかかわらず息ができることと、おんなじような水槽がいくつもあること、水槽のの中身は人らしい(シルエットしか判別できなかった)こと。体に(酩酊感以外の)違和感があること。そして、今俺の置かれている状況は、きっとろくでもないものだ。ということくらいしかわからなかった。


これ以上考えても仕方ないと結論すると、酩酊感がひどくなった。

まあ、なるようにしかならないか。

最後にそう思って俺は、酩酊感から逃れるため、意識を落とした。





スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

 
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
暇がありましたらここをクリック
リリカル・マジカル・ランキング お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - POINT PAY iMiアンケートモニターに入会 アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。